猫とワタシ

乾癬ブログ。~療法編~

恋人は尋常性乾癬、改め夫さんは尋常乾癬→戦わない。お互いがありのままを受け入れてもらう日々。

この記事のみを表示するスポンサーサイト

スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事のみを表示する第四十回定期報告

乾癬のお話~妻視点~


妻視点による
乾癬定期報告です。

お久しぶりです。妻です。
「乾癬ブログ」が名ばかりになりつつありそうな予感がありますが。

夫さんが旅をしている間、

妻は共にありますとも、毎日、夫さんの乾癬さんと。

夫さんよりも乾癬と過ごす時間の方が長いような気がします(笑)
(嫌みではないですよー夫さん)

それはなぜかというと

見過ごす事が出来ない程

ふるって参りました。主に腕と足。

皮膚全体にひろがっている感はしないのですが

より濃密に濃度が増しているような感があります。

出血も皮が剥がれるのも

掃き掃除が追いつかない。

周期的に訪れるのでいつものコトなのですが

毎回、改めてすごいなーと

皮膚がこんなに剥がれ落ちて出血して

それでも元気に行って来ますって

なんだかカオスです。

でも、妻は

やりたいことを全力で!!夢中になれるコトが見つかったんだからって

応援したいんです。若干の複雑さは隠しきれないけど・・・

活さんのモニターが終了してから

今はビオチンとスピリルナを服用しております。



人気ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

この記事のみを表示するままならず。

日々雑感 ~徒然なるままに~

どうも。
夫でございます。

前回、ブログはしばらくお休みします的な、
芸能人気取りな発言をしたにも関わらず、
もう帰ってきてしまいました (*_*; (*_*;

~寄せては返す波のように……~

私的には次に戻るときはビッグウェーブでと思っていたのですが……

いやあ、なんともはや “ままならない”です…… (;一_一)

そういうわけで。
今回掲載させていただくのは、
先日ある人に送らせていただいたメールの抜粋です。

事の詳細につきましては…… 面倒なので省略させていただきます (―_―)!!
痒いところに手の届かない “塩対応” でごめんなさい <(_ _)>

でも、何があったか想像するのって意外に楽しいですよね (^^)v
(って、言い訳してみたりして……)

ではでは。
興味のある方は、“想像を膨らませて”お読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いろいろ思うところはあるだろうけど、
まずは気をつけて行ってきてください。

で。
今回のことについて、
俺が“思うところ”をちょっと書いてみます。

まず一つだけ言えるのは。
何を言ったところで、何をしたところで。
何を我慢したところで、何をさせたところで。
何を自分に言い聞かせたところで。
この件について“気持ちが晴れる”ことはないということです。

例えば。
相手を思い切り罵る。 
相手を理論的に言い負かす。
相手が申し訳なさそうな、卑屈な態度をとってきた。
相手に悪いこと(一般的に言われている罰というもの)が起こる。
自分が心の広い(全てを許している)人間であるかのように振る舞う。
相手に“心からの”反省を促し、涙ながらの謝罪をさせる。

これらのことが本当に“気持ちを晴らして”くれるでしょうか?

俺はそうは思いません。
その一瞬はすっきりしたとしても、
時とともに必ず後悔や罪悪感、恐れや不安が戻ってくるでしょう。

そう。
すでに起こってしまった出来事に、
新たな出来事をつけ加えても、
それを“帳消し”にすることなんてできないのです……と、俺は思います。

もし変えられる可能性があるとしたら、
それは自分の知覚だけです。
起こった出来事をどう認識するか…… 
でもそれすらも私たちは “ままなりません”

一番いいのは、この一件について“記憶喪失”になってしまうことかな?
感情は必ず記憶に付随してやってきます。

いろいろな本で言われている、
“今を生きる”(確か『道は開ける』にも書いてありましたね)というのは、
つまりはこういうことを言っているんでしょうね。
“過去”を持ちださずに、目の前の物事を見てみましょうって。

でも。
記憶と経験で生きる私たち人間にとって、
これほど難しい(と感じる)こともない。

だから、こう考えてみたらどうでしょう?
・感情が起こることは仕方がない。(負の感情が起こることを許してあげる)
・ただ、その感情はどこに向かおうと(何をしようと)解決することはないと気づく。
・よって。すっきりしなくて当たり前、不満がある状態が“普通”なのだと割り切る。

今回の目的は結婚のお祝いをすること。
それさえできれば充分です。あとは“おまけ”みたいなもの。

“(自分に対して)愚かでいられる人”が一番強いと、俺は思います。

終わったことは振り返らないのが一番いいとわかっていながら、
振り返ることでしか、いろんなことに気づくことができない。
人間ってつくづくやっかいな生き物ですね。

それでは元気に行ってきてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

とまあ、こんな感じです。

異論、反論、オブジェクション(って古っ!)がある方もいらっしゃると思いますが。

あくまで自論ですので。
どうかご容赦ください。

それでは、また。
“むずむず”したら戻ってきます (*^_^*)

……いきなりやってきて、マシンガントークをかましたと思ったら、
勝手にすっきりして帰っていく……

いやあ、なんともはや“困ったお人”です…… (;一_一)






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村







この記事のみを表示する寄せては返す……

日々雑感 ~徒然なるままに~

どうも、夫でございます。
た、た、た、た、たいへん、たいへん、大変、大変、大変、……ご無沙汰しておりました。

私が最後に記事を更新したのが7月下旬のこと。
約3ヶ月もの間、ひたすら沈黙を守ってきたわけですが、
ついに、ついに戻ってまいりました (^^)v

だって、だって、だってね。
そろそろ “夫ロス” の方が巷に溢れかえっているらしいので! (―_―)!!

……………………あほか。

あっ。 皆さん待ってください。 お願い帰らないで!!
ごめんなさい! 私、調子にのってしまいました!! 
<(_ _)><(_ _)>(回り込んで土下座)

……………………わかったよ、話だけは聞こうじゃないか。

<(_ _)><(_ _)>(土下座を崩さず)
格別のご厚情、平に平に感謝致します!!!


……てな感じで。
久々なので、一人芝居にも少々熱が入ってしまいました (^^ゞ
はしゃぎすぎですね (>_<)


さて。
恒例のから騒ぎも終わったところで、本題に入らせていただきます。

覚えていらっしゃる方はいるでしょうか?

私が今年のお正月に、
このブログ上でやらせていただいた“書き初め(描き染め)”のことを。

そのときにお伝えした通り、
実は私にはひとつやってみたいことがあるのです。

で。
それがここにきてやっと、すこ~しずつですが、
形になり始めてきまして (^^ゞ(^^ゞ

とは言っても。
行動力のある人だったら、
それこそあっちゅう間にやってしまうような程度のことなんですけどね……

あ。
別に自分を卑下しているわけではないですよ。

そもそも私が“社交性に溢れた”人間だったなら、
そもそもそれをやってみたいとは思わなかったわけで。

私は小心者で行動力には欠けているけれど、
だからこそじっくりと思いを描いて内容を熟成させることができた、と。

そんな風に捉えています。

って、少し話が逸れてしまいましたね。

そうなんです。
私がずっと自分の中で“温めてきた”ものを、いよいよ形にしていこうと。
そんな風に“シフトチェンジ”したのが、ちょうど3ヶ月前くらいからなんですね。

で、それと時を同じくしてブログの更新からは“フェードアウト”していった、と。

うーん、こうやって書くと。
我ながら、なかなか自分勝手な“いいわけ”ですな (;一_一)

要は、“こっちの方が楽しくなってきちゃったから、こっちはもういいや”
って言っているのと一緒だもんな、これ。

でもね。
開き直っているわけじゃなく、
それでいいと、いやむしろその方がいいと思っているところもあるんです。

確かに。
私のブログを楽しみにしていてくれる人が仮にいたなら、
その期待に応えられないことは申し訳ないとは思います。

それでも。
その気もないのに無理やり、
“更新のための更新”をする方がもっと失礼なんじゃないかなと、そう思うのです。

何より私自身が楽しくない!

表現って不思議なもので。
好きでやっているときは、自由でとっても軽やかなのに、
そこに義務や責任がくっついた途端に、何だか重いものになってしまう……

そう考えると。
締め切りに縛られない(守らない・守れない)、“どこぞの文豪スタイル”って、
実はとっても理にかなったものだと思うんですよね。

流れが来たときはそれに素直に乗っかって、
来なければいさぎよく諦める、みたいな。

とても自然で、すごく人間らしい。

私はもちろん文豪ではないですけど(当たり前だっての(;一_一) )、
可能な限り、スタイルは“文豪”で行けたらなあと思うのです。

そういうわけで。

今、“ブログ(を通しての表現)”はかなり沖の方へと引いてしまいました (T_T)

でもそれは決してなくなったわけではない。

いったん引いたものは、また戻ってくる…… それもまた自然なこと。

そう。
それは“寄せては返す”のです、波のように。

そしてその時には。
以前にはなかった新しい何かをいっしょに連れてくるかもしれない。

そのときまで。
皆さんが“待たずに待って”いてくれたらとっても嬉しいなと思っています。

                           乾癬ブログ。 夫より


~おまけです~

正月に書くのは書き初めだけど、
この時期に書くのは何て言うのだろう?

決意表明というわけではないですが、
自分へ向けたエール、掲載させてください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日までと変わらないでいることを選べば、
あなたは安心していられるだろう。
ただ、そこには相変わらずの不満が常につきまとう。

昨日とは違う私を積極的に生きようと志すなら、
あなたは思いがけない歓びを手にすることになるだろう。
ただ、そこには未知なることへの不安が常に立ちはだかる。

どちらを選ぶかは、いつだってあなた次第だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それではまた次回まで。
ばーい、せんきゅーです (^O^)/






人気ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村








この記事のみを表示する「活」モニター終了。

乾癬のお話~妻視点~

妻です。
ご無沙汰しております。

無事に「活」さんのモニターが終了致しました。
夫さんが最後の感想文(まとめ)を「活」さんにお送りしたトコロで
終了となりました。

長かったようであっという間な一年半。

本当に、本当に有り難うございました。

よく続いたなと

愚直に真面目な夫さん。

それに引っ張られてブログの更新やら定期的な撮影を続けて来られました。

妻は一人ではムリだけど二人なら・・・

もちろん、モニターは終了致しましたが

このブログは続いて行きます。

どこまでも・・・

定期報告も頻度は落ちますが

画像と共に掲載して行きたいです。

「活」さんにご縁できて

夫さんの中でいろんな変化がありました。

生まれたてな夫さんを何度も目撃しました。

今迄押さえ付けていたあらゆる何かが

少しずつ出たかと思えば

加減をしらずぶしゅーっと飛び出したり・・・

妻にとっては

この一年半、新鮮でした。

私の知らない夫さんを垣間みる歓びと戸惑いがありました。

私たちが結婚して初めての共同作業が

このモニター生活ではないだろうか、と思っております。

モニター生活は終了しましたが

「活」さんの使用は無理のない範囲内で続けて行くと思います。

このような貴重な経験を体験を共に体感出来た事。

感謝申し上げます。


ありがとうございました。







人気ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村


この記事のみを表示する第三十八回&三十九回定期報告

乾癬のお話~妻視点~


妻視点による
乾癬定期報告です。

間が空いてしまいました(汗)決して放置していた訳ではございません、、、

言い訳がましいですが・・・日々の観察は毎日絶賛開催中です。

夏休みも終わり
暑い日々が過ぎ去りつつあります。

今年は猛暑でした。夫さんにとっての夏は切な甘酸っぱい季節。

血が滲んじゃうからって
ユニ●ロのヒートテック長袖を着用して
連日35度以上を越える猛暑の中
通勤しておりました。

この真夏にヒートテックって狂気だわ・・・
シャレにならないわ

ただ、暑いだけならまだしも

そして夫さんも本気で、真面目にヒートテック・・・

妻の思考はこのままじゃ命に危険が及ぶ・・・と

血が滲んでも良いと思います。

せめて半袖の肌着を着て下さいとお願い致しました。

猛暑が続く中、乾癬も若干、広がった感があり

自分の汗で余計に皮脂がつまって痒くなって掻いて

血がぷしゅーっと・・・

そして

謎の蕁麻疹と汗疹?というトリプルなお祭り騒ぎになり

見た事もないよーな発疹に特に悩まされる・・・訳でもなく

いつの間にか終了しておりましたが

蕁麻疹もどきは時々、今も出てます。

汗疹らしきモノも出たのですが特に痒くはなかったみたいですが

点々になって太ももに出ましたね。

相変わらず掻く日と掻かない日があり

夫さんの体内で一体何が起っているのか

全く読めません。

涼しくなったから掻かないという訳でもなく

ただ、広がりが収縮しはじめて

うすーくなってきております。

今、特に気になるのは足ですね。


7月28日


7.jpg



今年の夏は妻にとって
かなりアウトドアでした。

夫さんかなりアグレッシブで
後半戦も遊びに行く予定だったのですが、

妻は着いて行けず
二日間、家でゴロゴロしておりました。

ごめんね。夫さん。

妻は九月からお仕事を少し減らして

もっと夫さんの夜の献立を考えて行こうと思っております。

お酒はそんなに呑まないし煙草も吸わない。

その分、缶コーヒーや炭酸飲料が好きな夫さん。

あれもこれも規制するつもりはありません。

ひくのではなく足して行こうかなと、思っております。





人気ブログランキングへ


にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。